オーダーの印鑑の特徴とメリットです

オーダーの印鑑の特徴とメリットです

印鑑は、重要なタイミングで必要になる物と宅急便の受け取りなどで捺印する物でその重要性は変わります。宅急便の受け取りなどなら、大量生産の物でいいですが、契約や証明などの重要な場面では、大量生産の物ではなくオーダーメイドの物が必要です。契約書などに押印する場合には、押印したのが本人であるのかを確認するためには印鑑が大切になります。大量生産の三文判では、その役目を果たす事は出来ません。それは、同じ名字の場合には彫分けが出来ないので印影が同じになっていまいます。それに対してオーダーメイドの物だと、手彫りで文字を彫ますから、印影が違うので大切な契約などに使う事が出来ます。印鑑を作ってもらうのは、実店舗のあるお店でもインターネット通販で注文する事が出来ます。最近では、その便利さからインターネットで注文をして作ってもらう人も増えています。

印鑑をオーダーする時注意点

通販や印鑑ショップなどでハンコを作成して貰うことがあります。人生の中で必ず必要になる物で実印や銀行印など用途は様々です。既製品で済ませることもできますが付き合いが長くなるので一つくらい高値の物を持っておくと後々助かります。ただしオーダーする際に注意が必要です。まずその印鑑メーカーが何文字までの文字数に対応しているか、自分が作りたい印章は実印なのか認め印なのか、その作りたい印章を作って貰えるのかが大切です。特に旧字体や難しい字などが名前に入っている場合には対応して貰えない事もあるため事前に確認が必要です。また同じ字体でも水牛角にするのか、牛角にするのか花模様が側面にある派手なデザインの物を選ぶのかでも金額も相当異なります。何を一番重視するのか、同じ内容を複数のメーカーで異なる金額設定で販売している事もありますので、少しでも安い方がいい人は様々な業者で比較することが大切です。

印鑑をオーダーメイドで作る種類について

印鑑は日本で生活するためには必要な物の1つとなります。届いた品物を受け取ったり、銀行の通帳をつくったり何かの契約を行う際など、様々な場面で使用することが多くあります。ちょっとした署名の際や荷物を受け取る際には、シャチハタと呼ばれるタイプや認印などは、手軽に店舗なので購入したもので問題はありません。ですがやはり実印や銀行印の場合は、その人の証明ともなる大切なものとなるためオーダーメイドで作製する人がおおいです。とくに実印と呼ばれる種類に関しては、役所への登録が必要となります。そのため他のタイプの印鑑よりも本人確認として効果がとても強い物となります。そのため普段家族が共有して使うような認印とは別で管理して、混合して使用しないよう注意が必要となります。同じように銀行印はお金をあづけるための口座を作るために重要な印鑑となるため、オーダーメイドで特別に作製します。

当社では、一部の印材を対象として100年保障を行っている他、当社の指定印材に限り彫り直しのサービスを行っています。 印鑑の専門店「平安堂」のオンラインショップです。 職人の完全手彫り・花の印です。 大切な人の新しい門出に印鑑をプレゼントしませんか、実印・銀行印のセットなら人生の記念となる大切な日に使う印鑑のことなら平安堂です。 40%OFFになる特別料金をご用意しています。 印鑑のオーダーもできます